【TR 39】4対2

ロンド形式:効果的なカバーリング

ボールを循環させる側4人を各辺の外へと配置し、守備側の2人をグリッド内に配置する。

ボール循環させている側のタッチ制限は常に2タッチとし、相手を引き付けてからパスを行う。

守備側は常にボール保持者へと1人がアプローチに向かい、もう1人は中を閉めるようにグリッド内のエリアへとカバーリングに入る。

アプローチに向かう者は必ず相手のパスラインを遮断しながらボール保持者へと向かい、プレーの方向を制限する。ボール保持者の両脇の味方選手は絶えずパスラインを提供する。カバーリングは常に斜めに行われるが、次のマークに出ていけるように適切な身体の向きを用意する。

守備側の選手は2分間固定。2分毎に外の選手とローテーションしていく。

以下、動画でご確認ください。

【チャンネル登録お願いします!!】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。