【TR 38】6(4-2)対6(4-2)

ポゼッション形式:相手の中へのパスの制限とサイドへと方向付け

フィードを4ゾーンに分割し、両チームゾーン3に2人、ゾーン2Aに4人配置する。

ボール保持側(赤)のチームの目的は、ボールを動かし相手を左右に揺さぶりゾーン3にいる味方へとボールを接続し、動画のようにミニゴールへと攻撃を完結させる。

守備側(青)のチームの目的は、相手の前線の2人の選手へのパスを阻止すること。

毎回得点が決まるか、ボールが外に出た場合、相手チームボールで2Aにいる4人がボールを循環させるところからプレーが再開される。ゾーンマークを採用するが、自分の目の前に相手にボールが渡るときには、この対象者へとゾーンを超えてアプローチをかけることができる。この4人は常にスライドを行い、前述のようにボールの渡る先に対してアプローチをかけ、残りの守備者は図のように絞る。

以下、動画でご確認ください。

【チャンネル登録お願いします!!】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。