【TR7】7対7+1フリーマン +2GK

トランジションゲーム  : 守備から攻撃のトランジションにおけるサイドチェンジの改善 

ハーフコートを横幅を縮小させた上で図のように2ゾーンに分割する。そして、図のように各チームの選手たちを配置する。

まず片方のゾーンで攻守のトランジションが発生しやすくするように7対7+1フリーマン+1GKを行う。両チームとも基本的にマンマークを採用するがフリーマンがボールを保持している際のみプレスをかけることも可能。フリーマンを1人置くことにより、DFはマークしている相手と一緒にいるべきなのか、それともパスラインを断ちながらプレスへ行かなければならないのかを決断しなければならない。

制約:

・ゴールキックの際、守備側チームは前からプレッシングをかける必要がある。攻撃側のチームが中央ラインをパスで突破したら、守備側のチームも入ることができる。相手のゾーンではオフサイドあり。

・相手ゾーンへのパスに成功したら、攻撃側のチーム4人(3+1フリーマン)vs 守備側のチーム3人+1GKを行なう。残りの選手は、もうひとつのゾーン内で待機していなければいけない。

・実際の試合の状況に近づけるために、相手ゾーン侵入後はパス3本以内にシュートを試みなければいけない。

・守備側のチームがボールを奪った場合は、上記制約は一時的に解除された試合となる。

以下、動画でご確認ください。

【チャンネル登録お願いします!!】

X’mas & Happy new year開催中!!

詳細は下記のボタンをクリック!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です