【TR 64】3ゾーンでの6vs6+2GK+1フリーマン

3+GK対3による相手の前進を回避した後の3+1フリーマン対3による素早い攻撃の完結。

このトレーニング図のように、常にGKからプレーが開始され、最初にボールを保持しているチームは、相手の選手3名からのプレスをGK+3選手でかいくぐり、中央ゾーンに配置している4名の選手にパスを送ることを試みます(中央ゾーンにボールが入ったら図のようにプレスを仕掛けることが可能となる)。

もしこのチームがボールが中央ゾーンへと辿り着けば、自動的に4対3の攻撃が始まりますが、もしボール非保持チームがボールを奪取したら素早く攻撃の完結を試みます。

3枚のディフェンスは相手チームのフィニッシュの阻止を試み、もしボール保持チームの攻撃が完結したとしたら、再び同チームのGKから攻撃が始まりますがしかし、もしこのチームが攻撃の完結に失敗したとしたら、 つまりシュートがゴールの枠を外れるもしくは、ボール非保持チームのGKがシュートをキャッチしたとしたら、このチームのGKからプレーが再開されます。

ゆえに、このトレーニングは、図のようにボール保持チームがボールを循環させて前進しフィニッシュへと持ち込むことを目的とする攻撃のトレーニングではなく、ボール非保持チームがボールを奪取した後に素早い攻撃の完結を実行することが目的である。

よって、最初に攻撃を開始するボール保持チームに対し2タッチ以下でプレーするというノルマを与え、意図的にミスを誘発しボール不保持チームがボールを奪いやすい環境を設定します。

以下、動画でご確認ください。

【チャンネル登録お願いします!!】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です