【TR5】3対2+1DF+1GK

オレアーダ 形式 : 攻撃の開始のフェーズにおける、ボールロスト後の素早い〈攻→守のトランジション〉 

ペナルティーエリアx2を2ゾーンに分割する。そして、図のように各チームの選手たちを配置する。

この際、両チーム1-2-3-1システムに配置する。

ボールロスト後の数的不利な状況:敵陣の深い場所でボールロストをした状況下での守備の時間稼ぎ&リトリート:攻→守のトランジションのトレーニング。

常に青③番の選手がいる場所からボールとともにプレーがスタートする(この青③番の選手の隣に位置している赤②番がボールロストをしたと仮定した上でプレーがスタートする)。

スタートと同時に対面のタッチラインで待っているディフェンス(赤③番と④番)の2人も素早くスタートを切り、図のように黄色いラインまでラインを上げ、味方の選手(赤②番)が戻って来るための「守備の時間稼ぎ」を行う。赤②番の選手は青③番の選手のスタートと同時にスタートを切りるが自身の後方に位置するコーンをタッチした後、ボール保持者に対し直接プレスへ向かうか、ディフェンスラインへと戻って相手のフィニッシュを回避する。

攻撃チーム(青)はできるだけ少ないパスでフィニッシュまで持ち込むことを試みる。

以下、動画でご確認ください。

【チャンネル登録お願いします!!】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です