【TR1】8vs8+2フリーマン+2GK

オーバーラップからのセンタリングとフィニッシュ・ゾーンを埋める動き

フィールドを3レーンに分割しゴールを2つ設置する。8vs8+2フリーマン+2GKを配置する。

サイドのレーンで数的優位を作り、相手を突破し、そこからのセンタリングのフィニッシュを試みる。サイドレーンにはWG/SBとフリーマン(例:青WG/赤WG/フリーマンSB)のみが配置される。 

ボール保持側のチームは6本のパスを循環させる前にセンタリングを行わなければならない。

もしそれ以上のパスを循環させてしまった場合、ボールは相手ボールとなり、相手チームのGKからボール配球してプレーが再開される。

センタリングに対し、ボール保持側は、ゴール前3つの特定のエリアを埋めなければならない。ニアはCFが埋め、ファーはWGが埋める。そして、ペナルティーマーク周辺は中盤の選手が入るようにする。

守備側の選手は、相手がペナルティーエリアのラインを突破するか、またはセンタリングをあげるまでペナルティーエリア内に入ることはできない。またサイドレーンに配置している選手もペナルティーエリア内に入ることはできない。

以下、動画でご確認ください。

【チャンネル登録お願いします!!】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です