【TR 44】1対1→1対1+1GK

相手のフィニッシュの阻止

ゾーンを2つに分け、GKの待ち構えるゴールの脇に配置する赤から正面に配置する青へとボールを配球するところからプレーが開始する。この赤のボール保持者は青へとボールを送った後、直ちにこの青へとアプローチに向かう。ボールを受け取った青は、左右どちらかのミニゴールへの得点を目指し、赤の選手が自身にたどり着くよりも前にフィニッシュを試みる。このとき、必ずボールをセンターライン付近まで運び、赤がセンターラインを踏む/越えるまではシュートを放つことはできない。この青の選手がシュートを放った直後この青の選手へとサイドに配置する黄の選手からボールが出され、ポストからの1対1+GKが開始。ポスト役の青の選手はシュートブロックを試みる。このとき、シューターとなる黄の選手はこのシュートブロックをかわし、GKの待ち構えるゴールへとフィニッシュを試みる。

一連の動作の中で守備側の選手がボールを奪うことに成功したとしたら両脇のミニゴールへとシュートを試み、それに応じてプレーが進行します。

守備側の選手は半身になり選手をどちらかのサイドへと(非利き足側へと)追い込み、相手がボールコントロールを失った瞬間、足からボールが離れた瞬間に身体を入れる。

ローテーションは5分毎、赤→黄→青(→赤)と場所を変える。

以下、動画でご確認ください。

【チャンネル登録お願いします!!】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。